35歳からの手探り妊活から初めての出産

35歳から始めた妊活から出産の記録です。低AMH発覚で焦ってます。

入院準備  使ったものといらなかったもの

こんにちは、はるよこいです。

 

予想外の緊急帝王切開だったので、事前に準備していたものや管理入院用に用意したものが

入り混じって、ものすごい荷物になってました。

 

管理入院一泊のちに帝王切開出産で入院した私のいるもの、いらなかったものリストです。

※私の産院では産後入院中のパジャマやタオル類は用意してくれてました。

 

【特に必要だったもの】

・マスク(自身で持参する必要がありました)

 

・授乳ブラ(授乳専用2枚、ブラトップ2枚持ってきました。結果、帝王切開の入院日数では足りなかった…。

産後3日目ごろから母乳が勝手に滴るようになり、母乳パットが必須になったのでノーブラじゃいられず。

私は授乳専用のほうが締め付けとか授乳しやすさで重宝しました)

 

・母乳パッド(産院から1袋もらえました。

自分では不要と思っていたけど、かなり必要だったので助かりました)

 

・生理用ナプキン(帝王切開だったので、悪露の量は少なめでした。夜用しか持って行かなかったので、普通の日用があってもよかった。

産後4日目ぐらいから産褥パッドでは大きすぎると感じてました)

 

・自分と息子の退院用の服(息子用にはいとこにセレモニードレスを借りました)

 

ヘアアイロン、ブラシ、ヘアゴム(毎日、すっぴんメガネで過ごしてましたが、せめて髪の毛だけは…とアイロンで整えてました。授乳の時邪魔だったのでゴムで髪をまとめてました)

 

・ハンドクリーム(オムツ替え終わる度に手を洗ったりしてたら手がものすごいガサガサになって痛くなるほどだったので。もっと保湿力あるやつを持って行ってもよかった)

 

・爪やすり(赤ちゃんに触るので、爪は常に短くしておく必要があった。

普段から爪切りじゃなくやすりで削って短くしてたので、あってよかった)

 

【1回は使ったもの】

・着圧靴下(帝王切開だったので、病院から弾性ストッキングを1枚もらいましたが、入院生活が長かったのとむくみがつらかったので。

あったら使う程度でしたが)

 

・延長コード(コンセントがどこにあるか分からなかったので一応。産後の個室では特に必要なく、帝王切開前後の病室で2泊の間利用しただけでしたが、あってよかった)

 

・ペットボトルの飲み物(毎食ごとにペットボトル飲料がもらえたし、自販機もあったからなくてもよかった)

 

【いらなかったもの】

・生理用ショーツ(産褥ショーツの代わりに使おうと思っていたけど、帝王切開の傷にちょうど当たって痛くて使えなかった。産前使っていたデカパンも入れていたので、そっちを使っていました)

 

・メイク落とし(毎日すっぴんだったため。管理入院した夜1回しか使いませんでした。一回分の使い捨てのやつでよかった)

 

・ゼリー飲料、おやつ、ホッカイロ(陣痛中の心の支えに入れましたが、結果的に帝王切開に。その後も高血圧のため、余計なものは食べませんでした)

 

・抱き枕、円座クッション(抱き枕は1週間の管理入院用でしたが、1泊のみ使用。円座クッションは不要だったし産院にもあった)

 

・妊娠線用オイル(産前の1回だけ使用。帝王切開だったし、傷口見るの怖すぎて塗らなかった)

 

・ペットボトル用ストロー(急に出産になったため、ペットボトルに挿して準備しとく暇がなかった。手術直後は病院の水差しみたいなのでお水をもらってた)

 

・S字フック(使わなかった。個室のベッドには柵がなくて、かけるところがなかった。)

 

・洗濯グッズ(小さい洗濯ハンガーとか洗剤を持って行ったけど、結局洗濯しなかった。洗剤もハンガーも病院で用意してあった)

 

・小説(よりによって暗めのミステリー小説を持って行ったので、読む気にならなかったし読む暇もあんまりなかった)

 

・除菌ウエットティッシュ(授乳室では毎回手を洗ってたし、消毒ジェルも完備してあった)

 

 

振り返ってみると無駄なものばっかり…

いらないものだらけで荷物が多くて病院の方に持ってもらうのが申し訳なかったです。

もしも次回入院する機会があれば、厳選して無駄のない荷物にしたいです。

たぶん、今度は予定帝王切開になるはずなので…